MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コーヒーやめて水を飲むようにしたら快調継続!飲み物の健康影響大。

毎日たくさんのお水を飲むことが健康に良いと良く聞きます。

やってみようとはいつも思っていたのですが、コーヒーが好きなのでどうしても日中はコーヒーばかり飲んでしまっていました。

睡眠の質を下げないように夕方以降はコーヒーを飲まない、血糖値を上げないように砂糖・ミルクは入れずブラックで飲む、と言う習慣はやっていました。

基本的に無糖の飲み物しか飲まないです。

それでもコーヒーばかり飲んで、カフェインを摂り過ぎているのではないか?と言うことは気になっていました。

コーヒーばかり飲んで、水を飲むタイミングが飲酒後の翌日辛くならないために飲むくらいしかありませんでした。

健康をより充実させ、維持するために、『食事』の質向上の一環で、毎日の習慣として飲み物のベースを水に変えたら、何だかスッキリ快調な日々が続くような気がしています。

朝起きたら1杯、カフェインも味も無くて、体にニュートラルな飲み物なので、気分や体調のアップダウンが少なくて快調な気がします。

職場に着いたらミネラルウォーター500mlを1本購入して、1日でチビチビ飲み。

夜に帰宅したら1杯。

お酒を飲んだ日はその日のうちに水をがぶ飲み。

風邪を引いた日も水をがぶ飲み。

体調、シーンに合わせて飲む量は増やします。

水ばかり飲んでいる生活に慣れると水が1番美味しく感じるようになってきます。

無糖でも味のついたお茶などよりも、水が飲みたい、水が美味しい、お金を払ってでもお水が飲みたい。

1番飲みたい飲み物が水なんて初めての感覚です。

勿論、水しか飲まない訳ではなく、その場の状況に応じてコーヒーや紅茶、緑茶なども飲みます。

味のある飲み物は人とのコミュニケーションツールとして最適だからです。

コミュニケーションを取るためにお茶をする、お酒を飲む、味付きで刺激のある飲料はその程度。

自分だけの通常時は水を飲む。

口の中もスッキリして快適です。

特に飲酒後に水をしっかり飲むと、お酒の分解が早いのか、水を飲まずに寝た時よりも睡眠の質が上がって翌日が確実に楽です。

また、先日、喉がすごく痛くなって、風邪かなぁ、と思ったのですが、水をがぶ飲みしてしっかり睡眠をとったら1日で痛みがほとんど消えました。

水は体の機能を戻す効果があるような気がします。

大地宅配の旬野菜の詰め合わせお試し野菜セット送料無料で1,980円から

体に異変がある時に水を飲むことで、睡眠の質を戻せるから体調が良くなるのかも知れません。

何事もシンプルが健康に良さそうです。

水を飲むことを習慣にすると、水以外の飲み物を飲む機会が減る。

健康的な『食事』って足し算ではなく、引き算のようです。

食べ物だけではなく、飲み物もシンプルがいい、飲み物を変えると思った以上に健康メリットが多くありました。

水の飲用習慣をつけると、余計なものを飲む機会も減るのでやっぱりおすすめです。

あんしん・おいしい・たのしい大地宅配のお試し野菜セット1,980円から

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる