MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

添加物が原因!?ノンアルコールビールを飲むと出る不調。

ビール大好き。

20代の頃から長年ビールを嗜んでいますが、今のご時世お酒を飲めない場面、飲み過ぎることが出来ない場面が多くなってきたので、ノンアルコールビールを飲むことが増えました。

ところが、ノンアルコールビールを飲むといつも同じ不調が出ます。

そのノンアルコールビールを飲んでいつも出る不調が『鼻炎』。

ビールだけを飲んでいる時には一切不調が出ないのですが、ノンアルコールビールを飲んでいると2回に1回以上の確率で鼻炎が起こります。

医学的なことは全くの素人なので分かりませんが、何度試しても鼻炎の症状が出てくる確率が高いのです。

どうしても気になってビールとノンアルコールビールの成分の違いを確認してみると、ノンアルコールビールには食品添加物が結構入っていました。

ノンアルコールビールによく入っている添加物が「香料」「酸味料」「カラメル色素」「酸化防止剤(ビタミンC)」「甘味料(アセスルファムK)」。

ビールの成分は大抵、麦芽とホップで添加物は無し。

ひょっとしたらノンアルコールビールの方が添加物だらけで、体に悪いのでは!?って気が付いてしまいました。。。

ノンアルコールビールを飲んで鼻炎が起こってしまうことはたまたまで、私だけなのかも知れませんが、どんなノンアルコールビールにも入っている「甘味料(アセスルファムK)」が特に怖くなってしまいました

健康のためにビールを控えて、ノンアルコールビールをたくさん飲んでいた時期を思い出すと怖いです。

車の運転など、どうしてもアルコールを飲めない状況であれば、ノンアルコールビールは飲んでも1杯程度で済ませて、ウーロン茶などの無添加・ノンアルコールドリンクを飲んだ方が良かったです。

無駄に添加物たっぷりでキンキンに冷えたノンアルコールビールをがぶ飲みしていたら、そりゃ不調が出るだろうなと何となく想像出来ます。

ビール好きであれば、添加物で味や成分を調整されているノンアルコールビールよりも、普通の添加物無しビールを適量で控えめに嗜む方がよほど健康に悪影響が少ないのでは無いかなと思いました。

体を壊す10大食品添加物

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる