MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

空腹時間を毎日16時間以上キープで健康まっしぐら!恐るべし自浄作用。

食べ物を食べない時間を毎日長く取って、健康維持を意識してたら嘘のように健康まっしぐら。

例えば夕飯を夜の8時に終えて、翌日のお昼12時まで何も食べない。

水などの飲み物はオッケー。

こう考えるとそんなに難しくはないと思います。

16時間の半断食は朝食を抜くだけで、意外と簡単に出来る時間です。

目に見えないからこそ怖い内臓の動き。

余計な物を食べて、常に運動している状態が長いことになりがちです。

人間なのでずっと動いていたら疲れちゃいます、それは内臓も同じ。

たまにしっかり休憩して本来の人間の機能を取り戻す、または高めることが大切です。

1日3食を控えめにするよりも、2食か1食にして空腹時間を長く作る。

その分、食べる時はしっかり満足するまで食べる。

その方が1日の食べ物摂取量は減ることが多いです。

空腹明けの食事も腹8分目に出来ればベストですが、自分はなかなか出来ません。

我慢は精神的にも良くないので、夕飯は好きなだけ食べるようにしています。

白米、パンなどは食べませんが、おかずはたくさん食べる時も多いです。

そんな自由な食生活でも毎日16時間以上空けた方が体調も良いですし、体重も増えにくいです。

更には週に何回かは夕食の1日1食にしているので24時間くらい空腹時間を作っている日があります。

健康のために何かを食べるよりも、健康のために食べない習慣を作るととても快調です。

空腹時間については、1回の食事量や年齢、体質、性別によって個人差はあると思いますので、自分に最適なリズムで空腹を作るとより快適になると思います。

安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で1,980円から

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる