MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

食品添加物が怖い!外食の食べ方NGポイント。

食品添加物ってやっぱり良くないって、気になります。

食品添加物なんて全く気にしないで生きて来ましたが、よく食品の成分シールを見てみるとゾッとしました。

原材料名にカタカナがたくさん書いてある!

代謝の良い若い頃は気になりませんでしたが、内臓機能の弱ってくる中年になって、ジャンクフードをたくさん食べると胸焼けと言うか、なんとも言えない不快な感じになります。

神経質になる必要はないとも思いますが、元々大食いの自分は怖いと思いました。

少食であれば、ジャンクフードを食べても、食品添加物を体内に入れる量は少ないですが、たくさんのジャンクフードを食べれば、それだけ大量の食品添加物を体内に取り込むことになります

とは言え、大食いはなかなかやめられないので、自宅で奥様の手料理は大食いしますが、外食で大食いすることをやめています

細かいことは良く分かりませんが、外食の大食いをやめただけでも体調が良い気がします。

マック・すき家・ガスト・ほっともっとetc.便利でリーズナブルな外食チェーンは世の中に多いですが、添加物の多い少ないはあれど、何かしらの添加物は使っています。

全く添加物を排除する生活は息苦しくなるので、先ずは外食の大食いはやめておくことが健康には良いと思います。

添加物だけではなく、体型維持にも無駄遣いを減らすにも外食の食べ過ぎを止めるメリットは多いです。

食品添加物ほんとうの話―――いちばん怖いのは、「知らないこと」です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる