MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

ビール好きに朗報!ノンアルコールビールで空酔いを楽しむススメ。

禁酒をしたら辛いと思っていたお酒の席。

意外とノンアルコールビールで楽しめるようになります。

色々調べてみると空酔いということがあるらしく、お酒を飲んでいた人であれば同じような状況を作ることで本当に酔っているかのように錯覚を起こすことがあるようです。

試してみると確かにそう。

気心の知れた仲間と楽しいいつもの酒席、こちらはノンアルコールビールですが、なんとなくテンションも上がって楽しくなってきます。

ぼんやりと酔ったような錯覚です。

お酒を飲んでいた時はビール2杯から3杯飲んで、その後ウーロンハイ。

それと同じようにノンアルコールビールを2本から3本飲んで、その後ウーロン茶。

普通のノンアルコールビールとウーロン茶なのに何だかすごく美味しく感じます。

濃い味付けのおつまみと共に飲んだら普通に美味しい、試しに一人、家でノンアルコールビールを飲んでみたらなんとも言えない美味しくない感じでした。

やっぱり空酔いというのは錯覚で、しっかり楽しい飲み会の雰囲気が無いと空酔いは起こりにくいようです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

あとはノンアルコールを飲むこちらに相手が気を使わなくなれば、お酒抜きでも全然飲み会も楽しめるようになります。

ノンアルコールの飲み物もビールだけではなくて、お店によってはカクテルやワインなど種類も増えてきているのでお店の選び方によってはお酒を飲まなくても結構楽しめます。

ノンアルコールで飲み会を楽しむと、お酒を飲んでいた時には無い特典があります、それは翌日の快適さ。

ノンアルコール飲料であれば勿論お酒が入っていない訳で、肝臓の負担が断然減ります。

お酒を飲んだダメージがないので翌日も朝早くからスッキリと起きて体調もバッチリ、二日酔いやら翌日の怠さとはおさらばです。

飲み会を空酔いでしっかり楽しみながら、睡眠の質も下げず、内臓のダメージも減らして翌日が快適。

¥2,580 (2022/11/22 10:02時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ノンアルコールで飲み会を過ごしている人であれば、2軒目も誘われにくいのでこれまたちょど良い。

時間もお金も無駄にかからず、1軒目の飲み会はしっかり楽しめます。

でもこの空酔いは飲酒の楽しい経験があるからこそ、錯覚でそれを思い出して酔う訳なので飲酒経験が無い人は全く空酔いしないそうです。

長年お酒を楽しんで来た人が断酒するのは大変だと思っていましたが、空酔いを楽しもうと思えば意外と断酒も辛くありません。

結局は空酔いなので、自分から飲み会を誘うことが無く、お酒から自然と離れていくと思います。

周囲がお酒を飲まない人とこちらを認知して、その印象がついていけば自然と飲み会の機会も減るので断酒もしやすいでしょう。

禁酒、断酒してからの酒席は我慢をするのではなくて、空酔いを楽しんでみることもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次