MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

気分の落ち込み解消には断砂糖が効いた!食べ物の影響大。

砂糖を止めたら気分の落ち込みが極端に減りました。

今までは、仕事に疲れて毎晩のようにお菓子をドカ食い。

週末はカフェでスイーツ。

気分が落ち込むからスイーツで回復させるのではなく、スイーツを食べるから気分が落ち込むのだと思います。

砂糖にまみれたり、砂糖を止めてみたり、何回も繰り返してみて、ようやくこの負のスパイラルに気が付きました。

おやつを食べるのなら、バナナやイチゴなどの果物、そして焼き芋、プレーンのヨーグルト、そんな砂糖が入っていないものに置き換えてみましょう。

砂糖はマイルドドラッグと言われるくらいに、気が付かないうちに中毒にハマっていきますので要注意です。

変化がマイルドなので、なかなか気が付きにくいですが、何度も砂糖中毒と断砂糖を繰り返し試してみたところ、砂糖は間違いなく気分の落ち込みに関係はあると感じています。

いつもと同じように学校に行く、いつもと同じように会社に行く、いつもと同じように家族と暮らす、生活を何も変えていないのに比較的気分が上向きに安定するようになりました。

砂糖の効果として、食べた直後はテンションが上がるのですが、その後は一気に気分が下がる傾向があると思います。

安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で1,980円から

私は栄養や人体について素人ですが、ネットで砂糖の影響を検索しても、やはりこのような悪影響があることがたくさん書かれています。

最近、気分が落ち込みがちだなと思ったら、砂糖(スイーツ)を習慣的に食べていないかチェックしてみることをおすすめします。

もし、習慣的に甘いものを食べているのであれば、砂糖の入った甘いものを一切やめてみると気持ちが落ち込みにくくなる効果があるかも知れません。

楽断シュガー:~砂糖やめるだけダイエット~ 【健康】【糖尿病】【デトックス】【断食】【糖質制限】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる