MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

砂糖で1番怖いこと!心への強い影響。

砂糖たっぷりのスイーツを食べると心が乱れる気がする。

甘いものを食べている時は気持ちが上がって、でもその上がった分だけ、後で気持ちが下がる気がする。

検証のために、砂糖にまみれた生活と、砂糖を減らした断スイーツ生活を何度か繰り返してみました。

そうすると、比較的断スイーツ生活の時の方が精神状態が安定している時間が長いような気がしました。

反対に、甘いスイーツを制限無しにどか食いした生活では、食べている時と食べた直後は気分が一気に上がる感じもしました。

気分が一気に上がった分、後でいつもは大したことではない物事に対してイライラしたり、無性に不安になったり、心が安定しない場面を感じました。

自分の思い込みかも知れませんが、断スイーツ生活の方が圧倒的に心の悪影響は少なくて平穏な毎日が過ごせています。

「お菓子中毒」を抜け出す方法~あの超加工食品があなたを蝕む 単行本(ソフトカバー)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる