MENU
ぎぶ
4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

アルコール依存の治し方!40代以降の男性の例。

『最悪の深酒』で最悪に嫌な自分を知り、『最高の体調』で最高に好きな自分を体感することで40代になってからアルコール依存が治りました。

20歳からお酒を飲んでいると、40歳で人生の半分をお酒とともに生活する習慣になっています。

ある日、自分が知らず知らずのうちにアルコール依存になっていると気がつきました。

そんなアルコール依存の生活が一変、自らお酒を飲みたいと思わなくなることが出来ました。

その習慣化したアルコール依存の治し方の軸は『最高の体調を体感する』こと。

20年以上も飲酒の習慣を続けていると、お酒を飲んでいる生活の体調が当たり前になっています。

でも、全然違います!!

体にアルコールを入れずに早寝早起きで十分な睡眠時間を確保してみたところ、翌朝すっきり。

新型コロナウィルスの蔓延により、お酒を飲む機会が減って、1日、2日でもお酒を抜いて翌朝のスッキリ感を実感している人も多いのではないでしょうか。

ただ、1日、2日程度の短期間お酒を抜いただけではアルコール依存は抜けませんでした。

やっぱり体と頭がアルコールの中毒性を覚えているのです。

結局、数日間のお酒を抜いた分、飲む日はたっぷり飲んでしまって、またアルコール依存が強くなる、そんな繰り返しでした。

最高の体調を体感して、私がアルコール依存から抜け出せたなと思えるようになった理由は『最悪な深酒』と『1年間の断酒』

何事も同じ傾向があると思いますが、ダメなことだと思っても、やりたいことを思いっきりやってみることが大切。

お酒に関しては車の運転や、他人に迷惑をかけないなど、最低限のルールとマナーを守らなければ、人生が台無しになるので要注意ですが、人に迷惑をかけない状況下で『もうお酒はこりごり』、そう思えるくらいに好きなお酒を飲んだらスムーズに断酒へ行けました。

もうお酒はこりごりと思える、満足するまでにやりたいことをやった方が断捨離は上手くいくことが多いと思います

私の場合は、自宅で好きなビールをいろんな種類たくさん買って、好きなだけ毎週末に飲みまくりました。

そして、週末に家族との外食でも思いっきりお酒を飲みまくりました。

その結果、家族の前でだらしない泥酔。。。

奥様も呆れ、子供たちも微妙な感じ、そんな翌朝を迎えてから一念発起。

断酒を決めて1年間のノンアルコール生活が出来ました

ちなみに、ノンアルコールビールも無しです。

個人的な意見ですが、ノンアルコールビールはビールを飲みたい欲求を誤魔化しているだけなので、お酒を飲みたいなら飲む、飲まないなら飲まないとはっきりした方が断酒が上手くいくと思います

このままでは家族を失う、このままでは健康を損なう、そんなギリギリの危機感を感じてスタートした断酒。

1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月、断酒の期間が進むにつれて最高の体調が実感出来ます

断酒して出来た『時間』と『お金』を他の好きなことに使う生活習慣が出来上がってきます。

そして、その最高の体調が当たり前になった生活習慣が固まってきます

ここが大きなポイント。

現代人に効く、断捨離健康法!!〜体は無理なく痩せる、心は自然と豊かになる〜 (ととブックス)

最高の体調をベースにした、アルコール依存時期には無い充実した毎日を送れるようになると、もう過去に戻りたいと思えなくなります

『最悪の深酒』で最悪に嫌な自分を知り、『最高の体調』で最高に好きな自分を体感する。

ここまで来ると、無理に禁酒するのでは無く、大切な人との酒席では嗜む程度にお酒を飲んでも、依存するようにお酒にハマっていくことが無くなってきます。

もし、少しお酒を飲んだくらいでまたアルコール依存になってしまうのであれば、『最悪の深酒』で満足するまで好きなお酒を飲めていないか、『最高の体調』で毎日を充実させることが出来ていなかったがのどちらかが原因になっていると思います。

アルコール依存が抜けて、『お酒を飲みたい』という感覚が無くなり、人とのコミュニケーションのためにどうしても必要な場面だけ『お酒を少し飲んでも良いかな』程度になりました。

最高の体調で最高に充実した毎日が送れるようになると、極力アルコールを体に入れたくないと思うようになりました。

お酒を飲んだ分の失うものが大きいと、心底実感出来たことがアルコール依存が治ったポイントです

40年続いた飲酒生活にサラバ! アルコール依存症オヤジが 禁酒できたワケ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ、普通の40代会社員お父さん。

子供の頃から喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の持病を持ち、毎月風邪を引き、毎日何かの薬を飲んでいるような元病弱男子。

30歳の頃に体調を崩して入院・手術をしたことをきっかけに、『健康第一』を家族のためにも決意。

「心と体の健康」を最優先に考えて、過去の価値観と生活習慣を変えていくにつれて、今までが嘘のように健康な毎日になりました。
病弱だった30年間は何だったんだろう?って反省。

家族みんなで、無理せず、のんびりと「健康」を楽しむ生活を送っています。
少しでも健康に悩む方のお役に立てたら嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓子育てブログ
ぎぶパパ

コメント

コメントする

目次
閉じる